【法雲寺菊野大明神】おみくじ

法雲寺 菊野大明神のおみくじです。
お堂入ってすぐ左側にあります。
小野小町に恋をした深草少将が、百夜通い(ももよがよい)を
する途中腰をかけて休憩をしたとされる石がご神体です。
尚、百日目の夜に深草少将は力尽きて亡くなってしまったので
無念の想いが石に宿り悪縁を断ち、善縁を結ぶといわれています。
堂内撮影禁止の為、写真はありません。
以下書き起こしました。
おみくじ
一番 正直を心にこめて願いなば 我も力をそへて守らん
二番 半吉 急ぎなば叶ふ願ひもかわるらん よし遅くとも退屈をすな
三番 迷い入る迷いの道のあきらかに 開くは神の恵なりけり
四番 あけくれにたがわぬ事のあるならば 神に誓いの心つくせよ
五番 身を清め心を清め願いなば 末に嬉しき事のあるべき
六番 いつわりも思わぬ人のいつわりに 逢ふは我身のあしきなりけり
七番 朝夕に歩を運ぶ者ならば 願わずとても我も守らん
八番 生まれ子の心になりて願ふべし 二道かけて人のあしきを
九番 今日は良き願いの日なり心おば かげひなたなく待てよ守らん
十番 何事も心のままになりぬれど 道はかどらぬ老の足どり
十一番 末吉 今日までは花のつぼみの明日には いざ思いのままに開くなりけり
十二番 大吉 今日よりは宝の山に入る如く 黄金白金花と咲くなり
法雲寺 第三十一世 永譽 萌未 謹書
・・・
・・
名称 法雲寺 菊野大明神
所在地 〒604-0911 京都府京都市中京区清水町河原町通二条上る364−1
TEL 075-241-2331
公式サイト http://www.hounji-kyoto.com/kikunodaimyoujin/index.html